クロス集計とは:cross totaI - IT用語辞典 │ Web制作会社.com

クロス集計とは:cross totaI - IT用語辞典・Web制作用語集

クロス集計:cross totaI

クロス集計とは:cross totaI

ITやWebのビジネス、経済関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 クロス集計[cross total]とはマーケティングや統計で用いられる、複数の分析軸を用いた集計方法のこと。

 ほとんどの表計算ソフトはクロス集計が行えるピボットテーブル機能を備えている。一般的には2つの項目で分析したときには縦[表側:ひょうそく]に要因と思われる項目を、横[表頭:ひょうとう]に比較したいと考えている項目を選ぶ。


「クロス集計:cross totaI」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

IT・Webビジネス 経済の画像 - Web制作会社.com

IT・Webビジネス 経済

ITやWebのビジネス、経済関連のIT用語集です。Webやそれに関連するサービスの登場で新しい文化や経済理論等が登場してきています。

ここではそんなITやWebに関連した文化や社会、ビジネスの中で、コストパフォーマンス[cost performance]やスイッチングコスト[switching cost]、OEM[Original Equipment Manufacturind]等のITやWebのビジネスや経済に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。