SPIとは:Stateful Packet Inspectionとは - IT用語辞典 │ Web制作会社.com

SPIとは:Stateful Packet Inspectionとは - IT用語辞典・Web制作用語集

SPI:Stateful Packet Inspection

SPIとは:Stateful Packet Inspectionとは

安全、セキュリティー関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 SPI[Stateful Packet Inspection]とはファイアウォール構築技術の1つのこと。ファイアウォールを通過するパケットを監視して通過を動的にコントロールする技術。

 従来のパケットフィルタリングでは、通信をポート単位や相手先単位で一律に開放ないし遮蔽するという方法をとってきた。しかしながら、途中から通信を乗っ取るような方法の攻撃にはあまり効果がなかった。SP1では、通信の状態を見て、本来あり得ない要求や応答を含んだパケットを遮断し、通信の乗っ取りを防ぐことができる。


「SPI:Stateful Packet Inspection」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

安全 セキュリティーの画像 - Web制作会社.com

安全 セキュリティー

安全、セキュリティー関連のIT用語集です。コンピューターやパソコン[PC]が登場するまでは医学・生物学だけの対象であったウイルス。しかし、パソコン[PC]の普及とWeb世界の広がりと共に、ウイルスはコンピューターに被害をもたらす不正なプログラムという意味も持つようになりました。

こちらではファイアウォール[firewall]やSPI[Stateful Packet Inspection]等のWebの安全利用やセキュリティーのための規格・技術からノートンアンチウイルス[Norton AntiVirus]等の具体的サービスまで、IT・Webの安全利用やセキュリティーに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。