B to Cとは:ビーツーシーとは - IT用語辞典 │ Web制作会社.com

B to Cとは:ビーツーシーとは - IT用語辞典・Web制作用語集

B to C:ビーツーシー

B to Cとは:ビーツーシーとは

ITやWebのビジネス、経済関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 B to C[ビーツーシー:Business to Consumer]とは企業と消費者(個人)との間で行われる、インターネットを介したオンラインでの電子商取引のこと。B2Cとも表記される。インターネット上に通販システムを設けて物販を行うオンラインショップの形態が最も多い。


「B to C:ビーツーシー」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

IT・Webビジネス 経済の画像 - Web制作会社.com

IT・Webビジネス 経済

ITやWebのビジネス、経済関連のIT用語集です。Webやそれに関連するサービスの登場で新しい文化や経済理論等が登場してきています。

ここではそんなITやWebに関連した文化や社会、ビジネスの中で、コストパフォーマンス[cost performance]やスイッチングコスト[switching cost]、OEM[Original Equipment Manufacturind]等のITやWebのビジネスや経済に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。

Webサービスの画像 - Web制作会社.com

Webサービス

Webサービス関連のIT用語集です。ITはその名の通り情報処理や情報伝達のための技術なので、形のある製品だけでなく形のないサービスも様々なものがあります。

ここではそんなITやWebに関連するサービスの中で、アクトビラ[acTVila]やインターネットバンキング[online banking]等のWebサービスの形態から、スカイプ[Skype]やツイッター[twitter]等の具体的なWebサービスまで、Webのサービスに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。