RS-232Cとは:Resommended Standard 232Cとは - IT用語辞典・Web制作用語集

RS-232C:Resommended Standard 232C

RS-232Cとは:Resommended Standard 232Cとは

PC[パソコン]等のコンピューターの設定、仕様、規格関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 RS-232C[Resommended Standard 232C]とは1969年、米国電子工業協会[EIA]によって発表された、パソコンとデータ通信装置とのインターフェース規格のこと。

 50フィート[約15m]以下の距離で、20kbpsの速度でデータ伝送が可能な規格。通常は、パソコン本体の裏側にある25ピン、または15ピンのRS-232Cコネクタにモデムなどの通信機器を接続する。通常のパソコン通信では、もっぱらRS-232Cが使われていたが、その後、高速・長距離化のニーズに合わせて改良が施されたRS-422A、RS-423Aという規格も作成された。パソコン本体とプリンタ、モデム、スキャナなどの周辺機器を接続するのに使われる。


「RS-232C:Resommended Standard 232C」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

PC[パソコン]の設定 仕様 規格の画像 - Web制作会社.com

PC[パソコン]の設定 仕様 規格

PC[パソコン]等のコンピューターの設定、仕様、規格関連のIT用語集です。パーソナルコンピュータ[Personal Computer/PC/パソコン]の普及により、人々の生活スタイルは激変し、現在ではパソコン[PC]などのコンピューター無しの生活は考えられません。

ここでは、そんなパソコン[PC]などのコンピューターに関して、筐体[case]やコネクタ[connector]等の仕様や規格から、シングルタスク[single task]や動作環境[system requirements]等の設定まで、PC[パソコン]等のコンピューターの設定、仕様、規格に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。

IT製品の表示 ユーザインターフェースの画像 - Web制作会社.com

IT製品の表示 ユーザインターフェース

IT製品の表示、ユーザインターフェース関連のIT用語集です。今や人々の生活に欠かせなくなったIT。

ここでは、そのITに関連する製品やサービスに関連するアイビーム[I beam]やタイムライン[timeline]等の表示からタッチスクリーン[touch screen]やCGI[Common Gateway Interface]等のインターフェースまで、ITに関連する製品やサービスの表示・インターフェースに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。