CPRMとは:Content Protection for Recordable Mediaとは - IT用語辞典・Web制作用語集

CPRM:Content Protection for Recordable Media

CPRMとは:Content Protection for Recordable Mediaとは

デジタル著作権保護関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 CPRM[Content Protection for Recordable Media]とは記録メディアに対して採用されているデジタルコンテンツの著作権保護技術の一つのこと。

 CPRM対応メディアには、1枚ごとに固有の『メディアID』と一定の生産枚数ごとに変更される情報『MKB[Media Key Block]』が記録されている。メディアへのコンテンツ記録時には、この2つと録画機器のデバイスキーを利用して暗号化を行う。すると、このコンテンツをさらにコピーしても、MKRとメディアIDはコピーできないので復号化、再生できないという仕組み。


「CPRM:Content Protection for Recordable Media」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

デジタル著作権保護の画像 - Web制作会社.com

デジタル著作権保護

デジタル著作権保護関連のIT用語集です。Webやそれに関連するサービスの登場で新しい文化や経済理論等が登場してきています。

ここではそんなITやWebに関連した文化や社会、ビジネスの中で、使用許諾契約[software license agreement]や知的所有権[intellecture property right]等の著作権に関連する法律や規則から、自炊[じすい]やカジュアルコピー[casual copy]等の違法行為、そして電子透かし[digital watermarking]等の対策方法まで、デジタル著作権保護に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。