バーコードとは:bar-code - IT用語辞典・Web制作用語集

バーコードとは:bar-code

IT製品、サービスの仕様、規格、設定関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 バーコード[bar-code]とは製造元や商品番号、価格などを白と黒の平行線の組み合わせにコード化したもののこと。これを一次元バーコードという。

 読み取りには専用のバーコードリーダーを使う。光学式のため汚れには弱いが、読み取りが速く正確で操作が簡単なことから、食料品や雑誌、衣料品など、流通販売で盛んに利用されており、また身分証明書や図書カードなどでも使われる。なお、流通現場で多く使われているJANコード[ジャンコード]はJISにより規格化されているが、この他にも多くの仕様がある。近年は二次元に図案化することで、全方位からの読み取りを可能としたQRコードなどの二次元バーコード[二次元コード]もあり、この二次元バーコードは多くの情報をコーディングできる利点がある。現在はより多くの情報を扱えるICタグ[RFタグ]がバーコードに代わるものとして注目されている。


「バーコード:bar-code」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

IT製品の仕様 規格 設定の画像 - Web制作会社.com

IT製品の仕様 規格 設定

IT製品、サービスの仕様、規格、設定関連のIT用語集です。

ここでは、イーサネット[ethernet]やグローバルIPアドレス[global IP address]のようなWeb関連の規格からインクカートリッジ[ink cartridge]や3G[スリージー]のような家電や通信関連の規格、設定まで、ITの仕様、規格、設定に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。