デファクトスタンダードとは:de facto standard - IT用語辞典・Web制作用語集

デファクトスタンダード:de facto standard

デファクトスタンダードとは:de facto standard

IT製品、サービスの仕様、規格、設定関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 デファクトスタンダード[de facto standard]とは事実上の業界標準のこと。『dofacto』はラテン語で『事実上の』という意。

 特に国際標準化機関や各国の標準化機関が規格化したものではなく、その規格が普及していく過程で市場のほとんどのシェアを占めたことで、その規格でなければならない状態になった規格のこと。TCP/IPやイーサネットはこの代表的なものといえる。


「デファクトスタンダード:de facto standard」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

IT製品の仕様 規格 設定の画像 - Web制作会社.com

IT製品の仕様 規格 設定

IT製品、サービスの仕様、規格、設定関連のIT用語集です。

ここでは、イーサネット[ethernet]やグローバルIPアドレス[global IP address]のようなWeb関連の規格からインクカートリッジ[ink cartridge]や3G[スリージー]のような家電や通信関連の規格、設定まで、ITの仕様、規格、設定に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。