ツイストペアケーブルとは:twist pair cable - IT用語辞典・Web制作用語集

ツイストペアケーブル:twist pair cable

ツイストペアケーブルとは:twist pair cable

IT製品、サービスの仕様、規格、設定関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

ツイストペアケーブル[twist pair cable]とは細い2本の線(導体)をより合わせて(ツイスト)1対にしたケーブルのこと。

より対線ともいう。電話機のケーブルとほぼ同じ、単純な構造のため、取り回しが容易で低コストだが、ノイズや伝送距離の制約がある。ノイズを遮断するシールドがないものをUTP[Unshielded Twisted Pair]、シールドがあるものをSTP[Shielded Twisted Pair]と呼ぶ。ISDNやLANケーブルで見かける4 ペア8 芯のほか、ビルの先行配線や電話などの屋外配線では、24対、50対、100対などが使われている。


「ツイストペアケーブル:twist pair cable」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

IT製品の仕様 規格 設定の画像 - Web制作会社.com

IT製品の仕様 規格 設定

IT製品、サービスの仕様、規格、設定関連のIT用語集です。

ここでは、イーサネット[ethernet]やグローバルIPアドレス[global IP address]のようなWeb関連の規格からインクカートリッジ[ink cartridge]や3G[スリージー]のような家電や通信関連の規格、設定まで、ITの仕様、規格、設定に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。