ポートスキャンとは:port scan - IT用語辞典・Web制作用語集

ポートスキャン:port scan

ポートスキャンとは:port scan

安全、セキュリティー関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 ポートスキャン[port scan]とはネットワークを通じてサーバーに連続してアクセスし、保安上の弱点を探すこと。

 サーバーコンピュータは、TCP/IP[通信プロトコル]に従って動作し、通常は接続窓口であるポートを複数用意して利用者からの接続を待っている。ポートスキャンとは、これらのポートにアクセスし、侵入口となりうる脆弱なポートがないか調べること。ポートスキャンは、本来、ネットワーク管理者がポート管理を行う目的で行われる。しかし、コンピュータを攻撃するための準備段階で、つまり、コンピュータに侵入するために適当なポート番号を見つける目的で行われる場合もある。セキュリティホール(保安上の弱点)が見付かると、侵入用プログラムにより不正侵入を行う。


「ポートスキャン:port scan」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

安全 セキュリティーの画像 - Web制作会社.com

安全 セキュリティー

安全、セキュリティー関連のIT用語集です。コンピューターやパソコン[PC]が登場するまでは医学・生物学だけの対象であったウイルス。しかし、パソコン[PC]の普及とWeb世界の広がりと共に、ウイルスはコンピューターに被害をもたらす不正なプログラムという意味も持つようになりました。

こちらではファイアウォール[firewall]やSPI[Stateful Packet Inspection]等のWebの安全利用やセキュリティーのための規格・技術からノートンアンチウイルス[Norton AntiVirus]等の具体的サービスまで、IT・Webの安全利用やセキュリティーに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。