ポップアップ広告とは:popup advertising - IT用語辞典・Web制作用語集

ポップアップ広告:popup advertising

ポップアップ広告とは:popup advertising

Web広告(アフィリエイト等)関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 ポップアップ広告[popup advertising]とはWebページへアクセスした際、もしくは閲覧中やウィンドウを閉じた際に別のブラウザウィンドウを開いて表示する広告のこと。

 JavaScript[ジャバスクリプト]などのWeb用スクリプトを使って表示する。バナー広告より表示面積が大きくとれることから、広告としての効果が大きいと考えられている。しかし、閲覧者側からすると意図せず邪魔なウィンドウが大きく開くことから、スパムメールなどと同様に迷惑なものとして扱われている。最近のWebブラウザは、ユーザー操作を伴わずに新たに開くウィンドウをサイトごとに許可する/しないといった設定ができる機能を標準で備えている。また、多くのポータルサイトからは、同様の機能を持ったシールが無償配布されている。


「ポップアップ広告:popup advertising」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

Web広告(アフィリエイト等)の画像 - Web制作会社.com

Web広告(アフィリエイト等)

Web広告(アフィリエイト等)関連のIT用語集です。ITはその名の通り情報処理や情報伝達のための技術なので、形のある製品だけでなく形のないサービスも様々なものがあります。

ここではそんなITやWebに関連するサービスの中で、アフィリエイトプログラム[affiliate program]や検索連動型広告[pay for placement]、バナー[banner]等のWeb広告の種類やペイパークリック[pay per click]等のWeb広告の支払いシステム等、Web広告に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。