主記憶装置とは:main storage - IT用語辞典・Web制作用語集

主記憶装置とは:main storage

PC[パソコン]等のコンピューターの記憶機能[記録機能]関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 主記憶装置[main storage]とはプログラムやデータを一時的に蓄えておくための装置で、CPUの命令で直接アクセスできる記憶装置のこと。メインメモリともいう。

 ノイマン型コンピュータを構成する5大要素[制御装置、演算装置、主記憶装置、入力装置、出力装置]のうちの1つ。


「主記憶装置:main storage」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

PC[パソコン]の記憶機能[記録機能]の画像 - Web制作会社.com

PC[パソコン]の記憶機能[記録機能]

PC[パソコン]等のコンピューターの記憶機能[記録機能]関連のIT用語集です。記憶機能はPC[パソコン]等のコンピューターの5大要素の1つで、プログラムやデータ、処理結果等を保存する働きを指します。

こちらではそんなPC[パソコン]等のコンピューターの記憶機能の中でも、電源を落とすと消えてしまう一次記憶機能に関して、キャッシュメモリ[cache memory]や作業用ファイル[working file]等の記憶機能[記録機能]から、メモリ[memory]等の関連装置まで、PC[パソコン]等のコンピューターの記憶機能[記録機能]に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。