P2Pとは:ピア・ツー・ピアとは / ピーツーピーとは - IT用語辞典・Web制作用語集

P2P:ピア・ツー・ピア / ピーツーピー

P2Pとは:ピア・ツー・ピアとは / ピーツーピーとは

Webシステム関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 P2P[ピア・ツー・ピア/ピーツーピー:peer to peer]とはコンピュータ同士のネットワーク上での接続において、個々のコンピュータが対等になる関係で接続し合う形態のこと。

 P2Pは、クライアント・サーバー方式と異なり、中心となるサーバーがなくてもコンピュータ同士が直接、自由にデータの送受信を行える。インターネット上で利用されるWinny[ウィニー]などのファイル交換システムが代表例。ただ、公開予定でない情報の漏洩発生防止など、セキュリティ面での注意は必要。


「P2P:ピア・ツー・ピア / ピーツーピー」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

Webシステムの画像 - Web制作会社.com

Webシステム

Webシステム関連のIT用語集です。インターネットはWeb[World Wide Web/WWW/W3]という応用技術によって現在の生活に必要不可欠のものとなりました。

こちらではそんなインターネットやWebに関連したIT用語として、スター型ネットワーク[star connection]やピアツーピア方式[peer to peer LAN]等のWebシステムの構造や規格からルーティング[routing]等の関連技術まで、Webシステムに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。

ITネットワークシステムの画像 - Web制作会社.com

ITネットワークシステム

ITネットワークシステム関連のIT用語集です。コンピュータネットワーク[Computer network]は、複数のコンピュータを接続する技術、または、接続されたシステム全体を指し、情報化社会の基盤をなすため、通信インフラといわれます。

こちらではそんなコンピュータネットワークに関して、P2P[ピア・ツー・ピア/ピーツーピー]やイントラネット[INTRANET]等の接続形態や規格から、LTE[Long Term Evolution]等の通信規格まで、コンピューター等のITネットワークシステムに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。