ウイルスとは:computer virus - IT用語辞典・Web制作用語集

ウイルスとは:computer virus

ウイルス[ウィルス]関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 ウイルス[computer virus]とはコンピュータからコンピュータへ勝手にコピー増殖していくような不正プログラムのこと。ネットワークやフロッピーディスクなどを介して、病原体のウイルスが伝染することから、こう呼ばれている。

 ネットワークを使ってOSのぜい弱性を突いて自己増殖するものを、特にワームといい、『Word』や『Excel』のマクロ機能を使って、文言ファイルに感染するコンピューターウイルスはマクロウイルスと呼ばれる。コンピュータウイルスは、プログラムそれ自体がソフトウェアやOSに寄生し、データ交換した他のコンピュータに自分のコピーを寄生させる働きをするプログラムをいうが、システムの停止やデータの破壊など、多くは悪意のある目的で作成されているものが多い。ウイルスはシステムに侵入[感染]してもすぐには目に見えるような働きをせず、一定期間潜伏[潜伏期間]して特定の操作をした場合や特定の期日になるとメッセージを表示したり、破壊的な活動を開始[発症]する。そして、このようなウイルスの感染を防止したり、感染してしまったウイルスの検出や除去[治療]をするプログラムをウイルス対策ソフト、またはワクチン(ソフト)という。コンピュータウイルスの感染防止対策としては、出所不明のファイルは開かない、定期的に最新のワクチン(ソフト)で検診することなどの方法がある。


「ウイルス:computer virus」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

ウイルス[ウィルス]の画像 - Web制作会社.com

ウイルス[ウィルス]

ウイルス[ウィルス]関連のIT用語集です。

こちらではそんなインターネットやWebに関連したIT用語として、に関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。