C to Cとは:Consumer to Consumerとは - IT用語辞典・Web制作用語集

C to C:Consumer to Consumer

C to Cとは:Consumer to Consumerとは

Webサービス関連のIT用語集です。意味はもちろん英語表記や略なども掲載しておりWebサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典です(Web制作会社.com提供)。

 C to C[Consumer to Consumer]とはインターネットを介して行われる、オンラインでの消費者間電子商取引のこと。C2Cとも表記される。

 インターネット上ではネットオークションが代表的なC to Cである。企業間の取引はB to B[B2B]、企業と一般消費者の取引はB to C(B2C)という。


「C to C:Consumer to Consumer」に関連するIT用語事典(by Web制作会社.com)

Webサービスの画像 - Web制作会社.com

Webサービス

Webサービス関連のIT用語集です。ITはその名の通り情報処理や情報伝達のための技術なので、形のある製品だけでなく形のないサービスも様々なものがあります。

ここではそんなITやWebに関連するサービスの中で、アクトビラ[acTVila]やインターネットバンキング[online banking]等のWebサービスの形態から、スカイプ[Skype]やツイッター[twitter]等の具体的なWebサービスまで、Webのサービスに関連するIT用語を紹介・解説します。

Webサイト制作やSEO対策、IT関連の知識拡充に最適なIT用語辞典ですので、是非ご利用下さい(Web制作会社.com提供)。